Smart Frontier
  • 2017年10月 2018年卒(大卒・大学院卒)のエントリー受付を終了しました。

ABOUT US

「今」を支えること、「次世代」へ挑戦すること。
「企業は人なり」

60年を越える歴史を誇る、電気計器関連に携わる総合メーカーの代表取締役社長として、今ほどこの言葉の重みを感じたことはありません。

中部精機は、1951年(昭和26年)に中部電力の関係会社として設立された電気計器の修理・保守を行う「中部計器工業株式会社」と、電気計器の製造メーカーである旧「中部精機株式会社」が合併し、2001年に新たな歴史を歩みはじめました。以来、「お客様に信頼と安心と満足を感じていただける高品質の製品とサービスの提供」に努力を続けてきました。

しかし昨今、快適な暮らしに欠かすことのできない電気事業を取りまく環境は、私たちの予測を超えるスピードで変わりはじめています。電気のある現代生活を支えてきた私たちの使命は、変化の早い時代においても、知恵とチャレンジ精神を携えて未来を切り拓くこと。一人ひとりが自分自身の目標を持つとともに、チームの力、組織の結束力で、新しい可能性を見つけ出すことです。会社が人を創るのではなく、人の成長こそ会社が成長する原動力になる。社会生活を根底から支える基幹企業としての誇りと、次世代へ向けて果敢に挑戦できるフィールドがここにはあるのです。より良い人、より良い企業となるためにともに成長し、社会が大きく変わる節目の時代を勝ち抜き、感動を共有しようではありませんか。

代表取締役社長 高木洋隆
中部精機の3つの柱

エネルギー産業の一翼を担う中部精機。その自負と責任のもと、私たちが手がける事業には、大きくわけて3つの柱があります。

暮らしを守る。

一つは「暮らしを守る」ための、電気計器類の製造と関連サービスの提供。どの家庭にも必ずある電気メーターやサービスブレーカー、検電器の製造から販売、修理や取替工事を行っています。24時間休みなく暮らしを支える、いわば「縁の下の力持ち」というべきこの分野では、品質の向上を限りなく追求しています。

安心をつくる。

東日本大震災以降、ますます需要が高まっているのは「安心をつくる」地震計の製造分野。長く培ってきた独自技術で、時代のニーズに応える高精度な製品を製造しています。エレベーターや水道施設、発電所や変電所といった高い安全性が必要な場所で、大きな信頼を勝ち得ています。

可能性を探る。

そして、「可能性を探る」次世代電力量計・計測制御機器の研究開発事業。「スマートメーター」とよばれるデジタル式の電力量計の導入をはじめとした、電力・通信インフラの基盤を創り上げていく分野です。政府の方針や経済事情、法律との関わりも深いため、技術とともに豊富な知識も必要となります。開発が進めば、日本を大きく変えることになる新分野への挑戦は、今後5年間の中期経営計画の目標になっています。

どの事業分野においても大切なことは、もてる資源を最大限に発揮し、より良いモノづくりをしていくこと。目まぐるしい社会の変化にも対応できるように、知恵と情熱をもち続けること。
それが、「Smart Frontier」というコンセプトを掲げる私たち一人ひとりの使命です。

FUTURE

電気が見える、通信できる、スマートメーターにできること。

スマートメーターとは、電力量計に通信機能を備えた次世代型電気メーターのこと。家庭やオフィスなどで使われる電力量を自動的に把握できるため、電力の「見える化」を可能にするといわれています。今までのように、検針員が巡回しなくてもリアルタイムに消費電力を知ることができることから、「スマート(=賢い)メーター」とよばれます。

効率的な送電制御によって、大規模な節電ができるようになるほか、双方向性通信機能を使って、家電製品と接続すれば、家庭での使用電力をコントロールすることも可能。さらに、ひとり暮らしの高齢者の見守りサービスなど新たなビジネス展開も期待されています。

スマートグリッド

TEAM UNION

風通しのいい会社。
スタッフB
開発グループの僕ら3人は、入社以来ずっと製品開発に関わってきているよね。
スタッフA
入社当時うちの会社には工作ロボットの設計や製造を行う部署があったんだよね。好きな機械いじりを思う存分できると思って入社を決めたけど、その部署が撤退することになって(笑)。その後、技術開発部に配属。
スタッフC
ずっと製品開発に関わってきたこのメンバーは、会社にとって必要不可欠な存在ですよ。やっぱり、製品開発って面白いんでしょうね。
スタッフD
自分の手がけた製品がカタチになって残っていくのは、嬉しいですね。ユーザーに採用されて、世の中で使われていると思うと大きなやりがいを感じる。
スタッフA
一度市場に出た製品は、開発者としてずっとフォローしていくから、子どもがどんどん増えていくようで愛着もわくしね。
スタッフB
新しい製品を開発するんだから、常に解らないことにぶつかるし、疑問を解決するのは大変だけどね。
スタッフD
そんな時は、その問題を知っていそうな人に聞きます!自分の部署はもちろん、どの部署にも出かけていって(笑)。
スタッフA
どんなに忙しい時でも、みんな気軽に相談にのってくれるよね。逆に頼られた時は、できる限り力になりたいなと思う。
スタッフB
部署ごとの垣根がないというか、風通しがいい。横のつながりがあるって、仕事の上ですごく頼りになる。スポーツ大会などのイベントも盛んだし、人間関係がいいことはうちの大きな魅力だね。
スタッフC
僕の場合はさまざまなケースの調査や研究を行っているから、情報収集が仕事の要。時には工場に行って、製品の組み立てラインにいる人から生の声を聞くこともある。協力体制が万全なのは、ありがたいですね。
1から10まで手がけられる フィールドがある。
スタッフD
自分は地震計の開発を担当してるんだけど、うちの部署で扱う製品は電気工事に使う検電器など、安全性がものすごく必要とされる製品ばかりですよね。
スタッフB
確かに、安全への責任感は大きい。システムをいかに安全な方向へ導くかという「フェールセーフ」の思想も全社的に徹底してるしね。
スタッフA
でも、その考え方も人によって違うから意見がぶつかった時には大変!議論が白熱したら、いちばん熱くなるのは誰だろう……?Cくんかな(笑)。
スタッフC
強い想いがあるから、とことん議論して理解し合いたいと思うんですよ。でもそれだけ、情熱をもって仕事できるのは、自由度が高いせいかもしれないですね。
スタッフA
やり方も自由、考え方も自由!製品開発は基板設計からケースのデザイン、試作もテストも評価まで、まるっと全部一人でできるのがうちのスタイルだからね。
スタッフD
実は、それが魅力で入社しました。実際やりたいことを思い切りやれる環境があるし、力が足らない部分をサポートしてくれる先輩や仲間がいることを、仕事の中で実感することが多いですよ。
スタッフB
少し前までは、自分のやりたいことをカタチにする自主開発をよくやっていたよね。若手には、どんどん自主開発に挑戦してほしいと思っているんだ。
スタッフC
そういう発想力やチャレンジ精神が、自分自身を成長させるんですよね、きっと。
スタッフA
一人ひとりの成長が、横のつながりによって引き出される。その結果、会社として成長していく、それが中部精機の「チーム力」だと思うな。
スタッフB
チーム中部精機へようこそ!新しいチームの一員には、ここで思う存分、自分の可能性を広げていってほしいよね。

MY FRONTIER

社員の声
計測事業部 計測営業グループ スタッフ
総務部 労務グループ スタッフ
計量システム運用保守センター
スタッフ
  • 前のページへ
  • 次のページへ
  • My Frontierトップへ

MY FRONTIER 02

計測事業部 計測営業グループ スタッフ
自分にもお客様にも、メリットを。 自分を成長させてくれる会社。

企業として成長を続けている中部電力のグループ会社という点から、この会社なら自分も人として成長できるはずだと考えたのが入社した理由。電気メーターやブレーカーなど、どの家庭にも必ずある製品をつくっていることで身近な存在に感じたのも決め手の一つです。人々の暮らしに必要不可欠なものである、電気というものに興味がどんどん湧きましたね。入社して改めて感じたことは、お客様からの「ありがとう」の一言がとてもうれしいということ。その言葉がいつも自分を成長させてくれるのを感じています。

「Win-Win」を目指して。

中部電力をはじめとして電材店などに、電気計測機器や電気メーターなどを販売することが私の仕事。自社製品だけでなく、他社メーカーの製品も販売しているので、「電気の商社」のようなイメージかもしれません。自社、他社合わせて数多くの製品を取り扱っているので、製品情報を覚えるのも大変です。入社したばかりの頃は知識に乏しく、私よりも詳しい知識を持っているお客様から教わることも多くありました。そんな機会を何度も経験しながら、知識を身につける努力を続けてきましたね。私の販売する製品は、話をしてすぐに売れるようなものではありません。定期的な訪問を大切にし、お客様と信頼関係を築いてこそ、ニーズを的確に捉えることができる。それを新製品の開発に反映させたり、自分の提案力を高めたりすることで、お客様に貢献することができると思っています。自分とお客様、ともにWin-Winの関係を築く、私はそんな「フロンティア」に挑戦したいですね。

  • 前のページへ
  • My Frontierトップへ
  • 次のページへ
  • 前のページへ
  • 次のページへ
  • My Frontierトップへ

MY FRONTIER 03

総務部 労務グループ スタッフ
人のために、お客様のために。 受け入れられたような気がした。

就職活動をしていたときから、人の役に立つ会社で働きたいと強く思っていました。だから、「電気のある生活」を支えるという中部精機の事業内容は、とても魅力的に感じましたね。会社説明会や工場見学では、親切に社内を案内してもらったり、気持ちのいい挨拶をしてもらったり、受け入れられているような気がしたことを覚えています。そんな温かい雰囲気を感じた会社は、他にはありませんでした。そのせいか面接では、それまで受けたどの会社よりリラックスして話せましたね(笑)。

私のお客様は社員のみなさん。

総務部での私の主な仕事は、給与計算。各種手当や保険額、税金などは月によって変わるので、細心の注意を払うようにしています。給与の計算はもちろん、社会保険に関する届け出書類などは絶対にミスがあってはならないもの。電卓で計算をするときには、最低でも2回以上確認するなど、常に緊張感を持って仕事をするように心がけています。先輩に詳しく教えてもらったり、反対に誰かを手伝ったり、協力しあいながら仕事できる雰囲気なので楽しいですね。仕事に必要な法律や社会保険制度の知識をもっと勉強して、頼りになる存在になりたいと思います。今の私にとっては、社員のみなさんがお客様。まずは社内で人の役に立つ人間になり、そして社員の向こう側にいるお客様の役に立つ人間になることが私の目標です。

  • 前のページへ
  • My Frontierトップへ
  • 次のページへ
  • 前のページへ
  • 次のページへ
  • My Frontierトップへ

MY FRONTIER 04

次世代計量システム部計量システム運用保守センタースタッフ
いつでも臨機応変に。 自由に発言できる雰囲気がいい。

電気メーターがデジタル表示化され、さまざまな通信機能がプラスされることによって、生活がより便利になり、節電の切り札としても期待がかかるスマートメーター。その導入に伴い、メーターのデータを管理するためのシステムが開発されました。
現在、私はそのシステムを監視するチームに所属しています。
安定してシステムを稼働させるために、チームで何度も話し合いを重ねます。
自由で活発な議論の中で、自分の意見が採用されたときはうれしいですね。

自分らしさは情報収集から。

スマートメーターの管理については、国の制度や方針に大きく左右されます。 チームで検討し合う内容も、法律や制度にのっとったものでなければならない。 そのために日頃から新聞やニュースには必ず目を通し、他の電力会社の方針や他社のスマートメーターの運用などにも注目しています。
仕事の上で、一番心がけているのは、さまざまな情報を収集することですね。 私は入社する前から、新しいことに挑戦するのをすごく楽しみにしていたんです。 そのためには、情報収集して自分で考えることがとても大切だと思っています。 そんな私にとっての「フロンティア」、それはいつでも臨機応変であること。 自分らしさを強く出せるようになって、いろんなことに挑戦したいと思っています。

  • 前のページへ
  • My Frontierトップへ
  • 次のページへ

募集要項

選考スケジュール 募集要項
職種 技術系総合職、事務系総合職
募集学科 技術系総合職:電気、電子、情報、通信およびそれに付随する学科
事務系総合職:経済、経営、商学、法学およびそれに付随する学科
主な仕事内容 技術系総合職:スマートメーターやHEMSなどスマートグリッドに関する研究開発・保守、検電器・地震感知器等の研究開発など
事務系総合職:営業、企画、総務、労務、経理、資材など
給与 大学院卒:212,600円
大卒:205,300円
諸手当 通勤手当、家族手当、住宅手当、時間外手当他
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月、12月)
勤務時間 8:30~17:20(休憩12:00~13:00)※一部シフト勤務あり
勤務地 <本社> 愛知県春日井市気噴町3丁目5番地1
<名古屋工事センター> 愛知県名古屋市瑞穂区新開町24-99
<計量システム運用保守センター> 名古屋市およびその周辺地域
休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日(保守業務はシフト勤務となります。)、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇(初年度15日、勤続4年以上20日)、別休暇、産前・産後休暇、育児・介護休暇 他
社会保険 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
福利厚生 食堂、多目的コート、財形貯蓄制度、退職金制度、資格取得制度、クラブ活動(野球部、サッカー部)、社内行事(慰安会、スポーツ大会、花見会など)他
応募方法 自由応募
提出書類 エントリーシート、成績証明書
採用エントリーはこちら