1. トップページ >
  2. 計器類宅配サービス >
  3. 配送センターについて
計器宅配サービス
配送センターについて 計器の授受におけるこれまでの課題

迅速・正確な物流を実現するために、ソフト面・ハード面ともにさまざまな最新技術を導入しています。

1.「ICタグ」などの活用

計器には「ICタグ」を、宅配箱には「バーコード」を貼り付けています。
各工程においてこれらを自動読み取りし、確認・登録などに利用することにより、迅速かつ正確な作業を実現しています。

2.「自動倉庫」の導入

計器・宅配箱を収納・保管・払出するために、「自動倉庫」を導入しています。
最新の制御技術を使用することにより、多品種・多量・多パターンの出荷作業も迅速に行うことができます。

3.「スマートメーター用設定器」の導入

スマートメーターは、お客さま毎に詳細な設定を行う必要があり、計器内の指示値も収集する必要があります。これを正確かつ迅速に行うために、専用の設定器を新たに開発・導入しています。

4.災害等への対応

建物・設備に免震装置などを導入し、震度6の揺れに耐えられる耐震性を有しています。
設備・システムについても、二重化・冗長化を行い、故障等への対応を強化し、災害・トラブル等に強い物流拠点を実現しています。

取扱計器

《新型計器》

機械式計器

スマートメーター
電気ご使用量(指示値)を計測し、通信機能を使用して中部電力のデータセンターなどに情報を提供することができる計器です。また、通信機能を使用して電気の入切、ブレーカー容量の変更などを遠隔で行うこともできます。(従来型計器のタイムスイッチ、サービスブレーカーの機能を内蔵しています。)
取扱数(年)/約30万個

《旧型計器》

機械式計器

機械式計器
電気ご使用量(指示値)を計測する計器です。
取扱数(年)/約1万個

タイムスイッチ

タイムスイッチ
深夜温水器の作動時間を制御する機器です。
取扱数(年)/約2百個

電子式計器

電子式計器
電気の使用量を計量する機器です。
時間帯によって電気料金が異なる契約などに使用します。
取扱数(年)/約5千個

サービスブレーカー

サービスブレーカー
契約に基づき、電気の容量を制御する機器です。
取扱数(年)/約2万個

要項
  • 面積(建屋敷地):1,503m2
  • 面積(延床):3,121m2
  • 保管可能数(自動倉庫):3,600個
  • 出荷能力:279個/時 (出荷する内容によって、増減します)
  • 耐震強度:震度6